経営理念浸透ブログ

2021-09-17
『現状維持バイアスを外そう』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

「現状維持バイアス」と呼ばれるものがあります。

何かを変化させることで現状より良くなる可能性があるとしても、
損失の可能性も考慮して、現状を維持しようとする傾向のこと。

行動経済学の分野に「損失回避性」という言葉を
聞いたことがある方もいるでしょう。

損をすることを避けたいという心の動き。
利得と損失を比較すると、損失の方がより重大だと感じる。

また損失する分のおよそ1.5倍~2.5倍の利得があって初めて、
私たちは損と得が釣り合うと感じるようです。

社内で新しい制度・システムを導入しても、
旧来のものからなかなか脱却できないことがありますね。

人はメリットよりもデメリットに敏感。

これを考慮するだけでも伝え方が変わるでしょう。

デメリットよりも、はるかにメリットが
どれだけもたらされるかを伝えること。

デメリットは0にはできないにしても、
少なからずとも対処法を考えること。

新人事制度が導入された際、
「あなたの頑張り次第で、
 今より1万円上がるかもしれないし、
 今より1万円下がるかもしれない」

と説明すると、動揺される方が一定いるのは
こういった理由からでしょう。

賃金が1万円増えることと、
1万円減ることは、同じ感じ方ではない。

なかなか挑戦できない人もいる。

そういう方は他社から見れば同等であっても、
メリットよりもデメリットの方を
過大に捉えていないか。

自己認識されるといいと思います。

 

2021-09-17
『モチベーションは放電する』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

当時の上司から言われました。

「モチベーションは放電する」

そこまでモチベーションの波がないと
私は自分のことを認識しております。

モチベーションはそこまで上下することはありません。

失敗をして何かしら凹むことはありますが、
そこまで引きづることは少ない。

ですのでモチベーションが下がるという感覚が
そこまで分かりませんでした。

「放電=少しずつ減っていく」

ということを意味しています。

よくよく振返ってみると、
エネルギッシュな方に会って話をしたりすると、
モチベーションが上がる感覚があります。

「よし!もっとチャレンジしよう!」

「もっとリスクを負って選択しよう!」

「安心・安全な意思決定しかしていなかったな!」

などと心が高ぶるのです。

と同時に、その時にモチベーションは
満タンではなかったということに気づきます。

経営幹部の方ほど、
自分のモチベーションを気にしていない。

下がることは恥ずかしいし、
下がっていることを自覚していない。

でも私と同じように、
新たな刺激が注がれた時に
モチベーションというガソリンが
減っていたことに気づくのではないでしょうか?

モチベーションは放電する。
だから経営幹部であっても
自分のケアを忘れないようにしましょう。

 

2021-09-15
『惜敗をどのように捉えるか?』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

オリンピックが終わってしまい、
どこか寂しい気がします。

アスリートの人生をかけた美しき闘いは、
多くの感動を呼びました。

作られた世界は「シナリオ」がある。
脚本通りに物事は進んでいくが、
スポーツは何が起こるか分からない。

ぶっつけ本番の一発勝負。
だからテレビ画面にこそ釘付けでした。

個人的には陸上の大迫選手の魂の走り。
それと男子サッカーの活躍が印象に残りました。

準決勝でスペインに延長戦の末、
残り5分で点を取られて負けてしまいました。

PKまでいけば勝負は分からなかった。

「惜敗」「あと一歩届かなかった」

翌日の新聞やテレビでこのように書かれていました。

点数だけ見れば「惜敗」。僅差でした。

でも多くの選手は感じてる通り、
「僅差」こそ「実力差」です。

あと一歩を埋めることがどれだけ難しく、
どれだけ遠い道のりなのか。

一部の選手は痛切に世界との差を
感じているようでした。

ビジネスにおいても同じような場面を見受けます。

目標達成95%を「惜しかった」と思う人。

このタイプの人は、今回はたまたま、
運がなかったと思うかもしれません。

一方で残り5%が「実力不足」と痛切に感じる人。

このタイプの人は、今回と同じようなアクションであれば、
95%はおろか、90%にも届かないことを知っています。

男子サッカーと同様に
5%を「惜敗」と捉えるか、「実力差」と捉えるか。

ビジネスでもスポーツでも
トップクラスになってくると、
僅差の勝負になってきます。

「僅差」を作る努力を惜しまない。

その姿勢を謙虚に見習いたいと思います。

 

2021-08-26
『挑戦者は昔話を好まない』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

仕事上、様々な経営者にお会いすることがあります。

創業経営者もいれば、2代目、3代目経営者もいます。

皆さん、短い時間では語りきれないほどの
ご苦労をされています。

興味深いのが「過去の苦労話」の捉え方です。

過去がピークだった方は、
こちらが聞かずとも、
過去の苦労話を延々と語りたがります。

一方で今現在もチャレンジし続けている方は、
過去の話を自分からは語りたがりません。

聞かれれば「答えますよ」というスタンスです。

過去はすでに過ぎ去ったことで、
大事なことは今とこれから。

過去の話をして何の意味があるの?
と不思議がられる方もいます。

I社長との対談時にこんな質問をしました。

「今までで最もご苦労されたことは何ですか?」

するとのI社長は答えました。

「今です。今が最も苦労しています。
 創業時から会社がどんどん大きくなり、
 高いビジョンを掲げてチャレンジしている。
 従業員数も増えて経営がどんどん難しくなっている」
 
「もし“あの時が最も苦労したな~”という経営者になっていたら、
 今現在チャレンジしていない証拠。
 引退したほうがいいかも…。 

 チャレンジが現在進行形の人は、
 “いまが一番大変です”と答えるのでは?」

これは経営者に限った話ではありません。
全てのビジネスパーソンに当てはまることです。 

やたら過去の苦労話を話したがるようになったら、
引退間近かもしれません。

最近チャレンジしているか?と
自問自答してみましょう。

過去の勲章は確かに素晴らしい。

しかし未来の勲章に向けてチャレンジしている
現在進行形のリーダーの方が魅力的です。

 

2021-08-16
『VUCAの時代だからこそビジョン』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

 

「5年前に今日のような日が来るとは思いませんでした。
 正直、コロナ後の展開が見えません。
 先行き不透明で将来の予測が困難な時代。
 経営者として会社のビジョンを掲げる必要があるのでしょうか?
 仮にビジョンを掲げてもその通りにならないだろうから、
 嘘つきになってしまいます」

とある中小企業の社長からの相談でした。

会社の経営には「経営ビジョン」が必要だと言われます。
しかしそれを掲げる自信がないというのです。
コロナ下であれば、それは経営者の本音なのかもしれません。

では仮に経営ビジョンがなければどうなのでしょうか?

それは例えるならば、大海原の真中でポツンと
どこにも動かない船のような状態かもしれません。

前進もしていない。
下手をすれば遭難をしてしまうかもしれません。

そこで働いているスタッフも毎日のルーチンをこなすだけで、
どんなゴールに向かって仕事をしているのかも分からない。

「不透明で不確実な時代だからビジョンを掲げられない」

厳しい言い方をすれば、これは言い訳ではないでしょうか。

逆に不透明で不確実な時代だからこそ、
経営者が先陣を切ってビジョンを示す必要があるように思うのです。

不透明で不確実な時代ならば、スタッフも迷っている。
どこに向かって頑張ればいいのかが分からないはずです。
仕事の意義を感じない日々を送るでしょう。

時代が右肩上がりで、将来が予想できる経営環境ならば、
誰でもビジョンを打ち立てることはできる。

現場の一社員でもそれなりの未来図を描けるはずです。

まったく予想ができない将来。
暗闇の中で答えらしい答えが見つからない。
ゴールも道筋も手探り状態。

そのような厳しい状況だからこそ、
経営者は「希望=経営ビジョン」を打ち出す必要があると思います。

 

2021-08-12
『リモートワークが定着する会社としない会社』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

リモートワークの調査にご協力いただいた皆様、
ありがとうございました。

集計結果が纏まりました。

以下プレスリリースです。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000083140.html

リモートワークを積極的に取り入れている企業と
そうでない企業があります。

もちろん業種・職種によっても
導入が難しいことは承知していますが、
地域差があるように感じます。

東京都は、コロナ陽性者が増えていることもあり
リモートを導入せざるを得ない。

一方で地方に行けば、まだまだ稀です。

リモートワークを導入して半年から1年間くらいは、
何かと問題が起きるようです。

ターニングポイントはまさにそこ。

やっぱりリモートワークは難しいと判断して、
もとに戻していくか。
それを克服して続けるか。

続けた企業は、今ではリモートワークの方が
生産性もいいし、快適と感じる人が多数います。

変化へ適応する最初の時期は、
誰にとってもストレスです。

ストレスが嫌になり安心領域に戻るか。
それともスレトスを乗り越えるか。

何よりも通勤時間を大幅に減らせることは、
大きなメリットだと感じています。

時間だけはお金を出しても買えません。
浮いた通勤時間を自分の人生を豊かにすることへ
使った方が有意義だと思います。

皆さんの会社はリモートワークを続けますか?
それとも止めますか?

 

2021-07-29
『嘘偽りのない会社が支持される』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

顧客向けに過剰な訴求をする告知。
まるで煽るように購入に至らせる。

結果、購入した方が満足されなければ、
不満の声がネット上に溢れかえります。

自社のホームページ上にも
書き込みをされてしまうかもしれません。

また採用においても同様。

いくら「いい会社ですよ!」と所属社員が訴えた所で、
退職者の声にあまりに批判的な声が多ければ、
その方は採用を見送るかもしれません。

「弊社は自由な社風で何でも意見が言える会社です」

と人事担当者が言っていて、
もし真逆の社風であったならば、早期退職に繋がりますし、
“嘘をつかれた”と思うかもしれません。

これだけインフラが整い、
個人で情報発信ができる時代になりました。

これは「嘘は通用しない」ということを意味します。

望まなくても実態が公に公表されるようになりました。

「正直な会社」「嘘偽りのない会社」

当たり前のことですが、こういった会社が一層、
社会から信頼されるようになります。

「必要以上に自社を良く見せよう」

と担当者は考えますが、実態はどうなのか?

本人も過剰表現で「嘘をついている」という認識があれば、
心のバランスが崩れてしまうかもしれません。

会社の実態を磨き上げましょう。
そして正直な姿勢で。

 

2021-07-26
『挑戦しないことは罪』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

先日、経営者Dさまとお話をする機会がありました。

Dさんの事業展開はスピード感があります。
リスクを負いながらも攻める経営を貫く。

業界の中でも異質な存在として知られています。

私から見て、Dさんの『挑戦』のルーツが
どこからきているのだろう…、
と不思議に思いました。

Dさんに

「どうしてそこまで挑戦を止めないのですか?」

とお聞きしました。

こんな回答が返ってきました。

「私は挑戦をしないことは罪だと思っています。
 東北の震災で私は友人を亡くした。

 人間はいつ死ぬか、本当にわからないと感じた。
 
 彼らはもっとやりたかったことがあるはず。
 挑戦したかったことがあるはず。
 彼らは、もう挑戦したくてもできない。
 
 少なくても生きていれば、
 私たちは挑戦できる権利を持っている。

 だから彼らのことを思えば、
 挑戦しないことは罪だと思っています」

何のために挑戦するのか…。

自分のために挑戦するならば、
どこかで挑戦を止めるかもしれない。

でも誰かのための挑戦ならば、
目的を達成するまでは挑戦を止められない。

何となく過ごした今日1日は、
誰かが生きたかった1日かもしれない。

『挑戦しないことは罪』

忘れずに胸に刻んでおきたい。

 

2021-07-17
『回数を重ねれば上達する原則』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

十方よしTVの取材で、
テルズ&クイーンの鈴木社長と対談をさせてもらいました。

その中で、

「人は良いことも悪いことも、
 回数をこなすと上手になる」

と言われていました。

様々な学生と面接をする際に、
嘘をつく学生は採用しないようにしているそうです。

上手に嘘をつこうとする学生も中にもいるそうです。

良いことは何度も回数をこなして、
習慣にすればいい。

ただし悪いことは、
本人にとって長い目で見ればデメリットになります。

・約束を破った時の、言い訳も上手くなる。
・相手を批判することも上手くなる
・相手を言いくるめることも上手くなる
・相手を騙すことも上手くなる
・周りの足を引っ張ることも上手くなる

これらも回数をこなしていくと、
習慣になってしまいます。

どうせ身に着けるならば良い習慣を。

 

2021-07-14
『たねやグループから永続経営を学ぶ』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

 

十方よしTV6月号には、
たねやグループの山本CEOにご出演いただきました。

1872年から少しずつ取扱商品を変えながら、
今に至っています。

和菓子や洋菓子(バームクーヘン)などは有名ですね。

たねやグループ様はSDGsにも積極的に取り組まれています。
原料は全て自然からのプレゼント。
環境維持なくして現在の商売は成り立ちません。

取引先から買い叩くこともしない。
むしろ生産者の思いに耳を傾け、
適正価格で原料を扱わせてもらう。

会社も自然の恵みも「自分の物」とおごる時から
衰退が始まります。

地球からお借りしているだけ。

会社も今の期間、お借りしているだけ。

私含めて、
創業経営者は会社は自分のモノ=所有物と
考えてしまいがちです。

その考えが間違いを起こす。

いま経営している会社は、
次の経営者にバトンを渡すまで、
お預かりしているだけ。

自分たちの世代だけで地球の資源を
使いきろうとしない。

次の世代を考えて、必要な量を必要な時に
有難く頂戴する。

このような謙虚な姿勢があるからこそ、
約150年も会社が続くのだと考えさせられました。