経営理念浸透ブログ

2020-11-26
『“無理です”“できません”で終わるな!』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

「指導すること=ダメ出し」ではありません。

部下からの提案に対して、
「〇〇ができていない」と一蹴する上司。

“自分で考えさせないとダメだ”

そのとおりかと思いますが、
理由も伝えずにただNGでは、
相手の考える力は伸びないでしょう。

より良くするヒントや
アイデアくらいは欲しいですよね。

これは上司・部下だけのやりとりの話では
ありません。

部署間でも同じようなことが置きます。

企画部が営業部に提案する。
営業部が企画部に提案する。

日常的によくあることです。

相手の提案に対して、対案がないまま、
「〇〇はできない」「○○は無理です」
と一蹴する。

このままでは部署間の信頼関係は醸成されません。

相手の提案にNO!というならば、
最低でも対案を出すことがプロでしょう。

皆さんは、
部下に対して、他部署に対して
「できません」で終わっていませんか?

 

2020-11-12
『約300の地域貢献活動をする不動産会社 その2』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

約300もの地域貢献活動をしている
大里綜合管理さん。

野老会長は言います。

「地域貢献活動で大事なことは継続です。
 でも多くの企業は打算的だから続かない。
 3ヶ月くらいゴミを拾った所で何も変わらない。
 この地域貢献を〇〇ヶ月やったら、
 売上に〇〇円繋がるなんて考えてはいけない」

多くの企業は、何のために地域貢献活動をするかと言えば、
「イメージアップ」を目的にしている気がします。

つまり会社のイメージアップに繋がらなければ、
お金も時間もそこに投入しない。

しかし大里綜合管理さんは、
「地域の問題解決」を目的に置いている。

だから取り組む姿勢も、取り組む期間も
巷の地域貢献活動とは異なるのでしょう。

最寄駅のロータリーに、
バスがなかなか中に入れずに困っていると聞いたそうです。

現地を見に行くと車の送り迎えなどで、
駐車の仕方が乱雑だったようです。

狭い入口のロータリーは塞がれてしまって、
なかなかバスは中に入れない。

マナーがいい地域住民ばかりではありません。

そこでどうすればよいか考えました。
社員さんが交代交代で朝のラッシュ時にロータリーで
交通誘導のボランティアを始めます。

バスの運転手さんからは感謝されたそうです。
おそらく乗客の方も同様でしょう。

(ちなみにこのバスの運転手のお子さんが、
 大里綜合管理さんに数年後にお仕事を依頼したという
 後日談があります)

しかしそれを快く思わなかった地域住民の方も
いたそうです。

「お前ら、何の権限があって
 こんなことをやっているんだ!」

胸ぐらを掴まれて口論になったそうです。

地域のために朝早くからボランティアをする。
でも文句を言われる。

私なら馬鹿らしくて止めてしまったかもしれません。

「地域の問題解決をする」という使命感がなければ、
怯んで終わってしまったでしょう。

「本当の地域貢献活動は人間力を高める」

問題解決に向かうプロセスで様々な障害や葛藤があり、
その中で人は磨かれる。

地域貢献活動を通じて、人材育成をしているのが
大里綜合管理さんでした。

 

2020-11-08
『約300の地域貢献活動をする不動産会社 その1』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

地元では大変有名な大里綜合管理株式会社。
野老会長にお話を聞いてきました。
(※十方よしTV 10月号)

約300近い地域貢献活動をしているので、
おそらく日本一レベルではないかと思います。

社員の方にお話を聞くと
「本業6割、地域貢献活動4割」
という時間配分で働かれている方もいます。

従業員が約35名で、
なぜ300近い活動ができるのか。
お話を聞くまでは疑問でした。

世間一般の企業がされている地域貢献活動は、
企業が費用負担して、企業が活動をハンドリングし、
企業側が主役になっています。

しかし大里綜合管理さんは、
赤字を出さずに、地域住民が活動を推進し、
地域住民が当事者になっている。

上記の違いがあります。

口で言うのは簡単ですが、
高難度なことをされていますね。

地域住民個々に悩みがあれば、
それを解決する術を一緒に考える。

最初はその活動を支援し、、
徐々に当人が主役で活動するになっていく。

大里綜合管理さんは点で必要なときにフォローする。

「地域に起きている問題を、
 誰かに解決してほしいと他者依存になりがち。
 問題に直面している当事者が問題解決するのが一番」

この考え方が軸にあると感じます。

ご本人はあまり実感はないかもしれませんが、

「地域の問題を解決する主人公」

になっているんですね。

青年海外協力隊の方にも近しいお話を聞きました。

「外部から来た人間が問題解決しても持続性がない。
 当事者が自ら考え、自ら解決する過程が
 最大限かつ持続的な成果をもたらす」

大里綜合管理さんは、
地域の問題解決をしていることもありますが、

「地域の問題解決できるヒト」

を発掘し、支援している会社なのかもしれません。

社会・地域貢献活動の固定概念を
壊していただきました。

 

2020-11-01
『部下の趣味に興味が持てない』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

世代間ギャップに悩むリーダーは多くいます。

年齢が一回り以上離れていると、
自分が持っている常識が通用しない。

関心事も合わないので
雑談も正直疲れて、避けているとのこと。

「部下とコミュニケーションを取るように」と
上司からは言われますが、話を合わせるのが難しいし、
どうしても興味を持てない、というのです。

若手スタッフを抱える企業では
同じような悩みを抱えたことがあるでしょう。

私も正直あります。

アニメ、ゲーム、等には興味がありません。

一回り上の方と話す時にも、
ゴルフ、時計、車にも興味がありません。

私に限らず、興味あることは
相手から見たら限定的です。

部下からアニメやゲームの話を聞いても、
一向に興味を持てないことがあります。

経営者の大先輩からゴルフの話を聞きますが、
いまだにやりません。

こんな時は、
なぜこの人はこのアニメが面白いと感じるのか、
このゲームに夢中になるのか?
と見るようにしています。

一見、大人しいそうな部下が
「サバイバルゲームが好きです」と聞いた時には、
その見た目とのギャップに驚きました。

「アーティストの○○が大好きです」と言われたら、
なぜそのアーティストが好きなのか。

歌詞が好き、ノリがいい、サービス精神がいい、
顔がタイプ、個性的な声、等など、
その人の“好きセンサー”を探す。

同じようにそのアーティストに興味を持つことは稀ですが、
そのアーティストが好きな部下には興味深々な私です。

部下に興味さえ持っていれば、
興味ある部下の人間観察の一貫
と捉えてみてはいかがでしょうか?

 

2020-10-25
『空気で人は動き、空気で人は育つ』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

自分から醸し出す雰囲気に気づかない上司がいる。

その人間が職場にいるだけで、空気が重くなる。

部下は何かと理由をつけて事務所を去る。
約束もないのに外回りに出かける人も…。

本人は意外にも、圧力で人を動かそうと
思っているわけではなさそうだ。

この業績ではそういう雰囲気を醸し出しても仕方がないと…。

「業績が悪いから重い空気を作り出してもいい」

これは上司側の言い訳でしかない。

隣にこういう上司がいたならば、
意識の半分は持っていかれている。

上司が何を言うか、どんな振る舞いをするか。
気にしないようで周りは気にしている。

部下の仕事の生産性は当然落ちる。
上司がいないほうがむしろ生産性が上がるのだ。

あなたが職場にいない時のほうが
部下がイキイキしているならば、
たまに職場に行かないで自宅作業を
したほうがいいかもしれない。

空気を重くする人ほど、
人が醸し出している空気に気づいていない。

「空気を読む」「空気を読まない」という表現があるくらい、
空気は私達にとって重要だ。

「行き詰まった空気」「流れがいい空気」
「重々しい空気」「温かい空気」
「ピリピリした空気」「のんびりした空気」

あなたの職場にはどのような空気が流れているだろうか。

空気で人は動く。空気で人は育つ。
空気で売上も変わる。

自社の空気を測定して見てください。

 

2020-10-21
『社長の思いつき発言=正解になる会社』

こんにちは。

理念浸透コンサルタントの松本です。

 

T社長はアイデアマンです。

思考が柔軟で一つ質問をすれば、
複数のアイデアを返すことができます。

社内では社員以上にアイデアが浮かぶ。

これまでの成功事例を見ても、
T社長のアイデアから具現化されているものが
複数あります。

ただし難しいことに、
T社長は社内で力を持ちすぎています。

社長なんだからそれは仕方ないと考える人もいますが、
「T社長の発言=正解」と受け止めてしまう社風が
出来上がっています。

T社長と社員Yさんのやり取りを
私は隣で見ていました。

社員Yさんは社内を活性化させるある提案をしました。

それに対してT社長は、いつもの如く
アイデアを複数出しました。

私からは見れば、
あくまでも1つのアイデア。

すぐに検証することもできないので、
あくまでも“思いつき”レベルの意見もありました。

社員Yさんのその後を追ってみると、
社長からの“思いつき”意見を愚直に
実行しようとしていたのです。

松本:
「どうしてそれをやろうと思ったんですか?」

社員Yさん:
「だってT社長が〇〇してみても面白いって
 言っていたじゃないですか?
 あれは指示ですよね?だからやります」

社員Yさんは経営者から見れば、
愚直に実行してくれる貴重な存在かもしれません。

しかし大変失礼ながら、
社長だって間違うこともあります。

間違わない社長ならば、
会社は驚くほど増収増益でしょう。
 

社長だって熟考しないで、
思いつきで発言することもあります。
根拠がないことだってある。

だからそれを鵜呑みされて、
指示と受け止められてしまったら、
現場は大混乱でしょう。

社長の思いつきを信じて
動くわけですから…。

社内のパワーバランスが社長に集中しているならば、
指示なのか、アイデアなのか。

正確に伝える必要がありますね。

 

2020-10-16
『大切な思いが自分を盲目にさせる』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

・幼児教室を運営してるAさん。

 「うちの子だけ同じメニューを
 受けさせてもらえていないと子供が言っています」

・ピアノ教室を運営しているBさん。

 「先生の叱られたことがショックで、
  もうピアノには行きたくないと言っています」

・水泳教室でコーチをしているCさん。

 「他の子供のように泳げなくて、
  コーチから叩かれたと言っています」

Aさん、Bさん、Cさん。

いずれも運営側は、
母親からのクレームに戸惑っていました。

他スタッフに聞いても見覚えがないからです。

「子供は大げさに親に伝えることがある」

「子供は感情的に曲がって情報を伝える」

ということが理解している親であれば、
運営側への言い方にも配慮するでしょう。

ただし根底は、

「自分の子供は可愛いし、
 言っていることを100%信じたい」

と思っているので、運営側への不信感が
0になることはないかもしれません。

大切に思うが故に100%鵜呑みにしてしまう。
これは親と子供という関係の話で終わりません。

会社内でも同じようなことが起きてしまいます。

「私の部下Yさんが○○と言っている」

「私の大学の後輩Yさんが〇〇と言っている」

「新入社員のYさんが〇〇と言っている」

Yさんへの思いが強いほど、
Yさんの話を聞いて100%鵜呑みにしてしまうことがある。

組織運営において(本人は気づいていなくても)
感情的な判断は大きな過ちに繋がります。

彼・彼女への思いが強ければ強いほど、
グッとこらえて多方面から
情報収集して判断したほうがいいでしょう。

メンバーへの思いが返って自分を盲目にする。

個人的な感情を一度脇において、
広い視野、広い意見をもとに判断しましょう。

 

2020-10-07
『コロナを特別な危機だと思わない』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

先日、興味深いことを聞きました。

今回のコロナは

「過去に類を見ない歴史的な経済ショック」

などと言われています。

事実そうだと思います。

しかし100年以上続く企業は、
約10年に1度くらいのペースで
会社が倒産しそうな苦境を経験している。

倒産危機を何度も乗り越えて
100年という節目を迎えることができる。

100年を迎えるために
組織としての「レジリエンス」が
試されているのでしょう。

こういう苦境のときこそ、
組織力で大きな差が出ています。

社員が一丸となって、
「この苦境を必ず乗り越えよう!」と
あらゆる手を使って試行錯誤している会社。

早めに会社を去ったほうが得だと判断し、
退職者が続く会社。

コロナ下で転職はできないから、
他社には行かないけれども、
これまでどおりに淡々と仕事をしている会社。

同じコロナ下であっても、
組織内部の空気は全く異なるのです。

慌てて今から組織力を強化しようとしても
手遅れて、今までの積み重ねが
露呈してしまっています。

100年企業の経営者から、

「今回のコロナを特別に思わない。
 生き残るにふさわしい会社なのか。
 10年1度は試される」

ということを学ばせてもらいました。

コロナ下でも経営が揺るがない
“すごい”会社が日本にはたくさんあります。

 

2020-09-27
『言葉の真意を汲み取る』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

先日、弊社内で起きたことです。

お恥ずかしながら、
スタッフから不満をいただきました。

「もっと松本さんには現場に出てもらいたい」

どこの会社でも起こりえる不満ですね。

経営者、経営幹部の方は
一度くらいは指摘されたことが
あるのではないでしょうか。

言われた瞬間は、
いろんな言い訳が頭をよぎります。

「経営者の仕事は現場に出ることではない」

「経営者が現場に出ないようにするのが
 管理者の仕事でしょう」

「他にも大事な仕事を身を削ってやっている。
 これ以上時間を作れと言われても…」

「全体を指揮するのが経営者の役割で
 現場を取り仕切るのは現場の仕事では…」

でも冷静にその意図を汲み取ると、

「現場に出る出ないは手段。
 現場の実情をもっと理解してほしい」

ということだと推測しました。

経営者には見えにくく、
現場には現場なりの苦労があるし、
解決できない問題がある。

それを同じ温度で分かってもらいたい。

おそらくそれが言葉の真意だと思いました。

経営者が継続的に現場に出ていたら、
会社の将来が危ういですから…。

もちろん現場はすごく大事だと思っている。

でも「軽んじている」と
スタッフに思われてしまったならば、
態度・行動を変えなければいけません。

“ゆとり”を通り越して、“慢心”が
私の中に少しあったかなと思います。

言葉どおりに受け止めるのではなく、
言葉の真意を受け止める。

ズレた対応をしないように要注意です。

 

2020-09-24
『顧客に迎合することがサービスではない』

こんにちは。
理念浸透コンサルタントの松本です。

十方よしTV8月号では、
マイファームの西辻社長と対談させて頂きました。

マイファーム様は、
「自産自消(じさんじしょう)」=「自分で作って自分で食べる」
ことのできる社会を目指して、
レンタル農園や農業学校の運営をされています。

マイファーム様はパイオニア的な存在ですが、
レンタル農園事業に近年同業他社も進出してきています。

耕作放棄地を有効活用できるならと
西辻社長は同業の参入にして好意的でした。

さらにいえば、同業他社の中には

「会員さんがレンタル農園に来られない時は、
 水やりや草取りなどを代行する」

というサービスもされているようです。

月会費を払っていれば、バックアップをしてくれるので
高い確率で収穫ができます。

一方でマイファーム様は、
基本的には会員さんに代わって、
水やりや草取りをやらない。

会員さんに連絡は入れるけれど、
あくまで本人にやってもらう。

その理由を聞くと

「“自然”とは何かを感じてほしい。
 農作物は生産者が向き合った分だけ収穫ができる。
 愛を注がなければ、収穫ができない。

 よい農作物を作るポイントは、
 近くで畑を24時間観察していることです。
 現実的にはそれはできませんが…。

 農作物と向き合ってもいないのに、
 同じ収穫量が取れてしまったら、
 それっておかしくないですか?

 何もしないで食べるならば
 それは農園ではなく収穫体験でいい。

 農作物は天候や気候にも影響を受ける。
 頑張っても実らないこともある。
 それが農業ですし、それが自然。
 それを気づいてほしい。」

と言われていました。

「自産自消」という理念と顧客へ提供するサービスの
一貫性に感銘を受けました。

顧客に何でもしてあげるのがサービスではない。

ここでいえば水やりも草取りも代わりにしてあげる。
確かにそれを喜ぶお客様もいるでしょう。

でもマイファームさんはそれを喜ぶお客様を
ターゲットにしていないのでしょう。

農作物への向き合い方を
それとなく指南しているような気がします。

サービスとは顧客に迎合することではない。
足し算のごとく何かをプラスすることもサービスですが、
引き算のごとく何もしないこともサービス。

明確な理念をもち、
理念に沿ったサービスを提供すること。

改めて気づかせていただきました。