松本和義プロフィール

松本 和義 Kazuyoshi Matsumoto
株式会社コンサルティングZERO 代表取締役
理念浸透コンサルタント

店舗・施設経営をする中小・ベンチャー企業を対象とし、戦略的に理念を浸透させる専門家。
これまで約150社の理念(クレド)構築・浸透に携わる。 従来の強制アプローチによる浸透法に限界を感じる。「理解しているつもり」「やらされている」状態では何も組織は変わらない。 そこで独自に9つの観点から“共感アプローチ”を開発し、「腹落ちしている」「実践している」状態へと変化させる方法を編み出した。 導入先では3年間で「昇格者数2倍」「離職率35%DOWN」「入社希望者250%UP」「顧客の手紙5倍」といった成果を上げ、理念浸透を通じて「人材育成力」「定着率」「採用力」「顧客満足力」の向上に寄与している。

【経歴】

稲盛哲学へ共感・共鳴し、京セラコミュニケーションシステム(株)(現:KCMC)へ入社。
理念浸透教育・コンサルティングに携わる。理論だけで実践が伴わない”稲盛哲学評論家”になってしまう。顧客の信頼を得られず、理念を理解している”つもり”病に陥る。「理念の”理解”と”実践”は別物。実践を通じてでしか、理念を消化できない」ことを痛感する。

その後、組織人事コンサルティング会社へ入社し、理念浸透コンサルタントとして再スタート。
経営者が理念浸透へ本気になればなるほど、”強制”と感じ拒否反応を示す現場社員。浸透させようとさらに躍起になる経営者。平行線をたどったまま溝が埋まらない企業に多数出逢う。年間1200万のフィーをもらいながら結果を出せない顧客も出てしまい、会社・経営者側からの強制アプローチに限界を感じる。

「理念を強制しても従業員は従っているフリをするだけ。心の底から理念へ共感・共鳴しなければ定着はしない」という本質的な課題に気づかされる。それを機に経営者・従業員両者にとって嫌悪感なく、理念を浸透・実践できる方法を模索。試行錯誤を繰り返すなかで、「共感性」「関係性」「一貫性」をベースにした、9つの観点からの共感アプローチを開発。「理念が自分事になった」「理念でブレなくなった」「理念が信念になった」といった声が多数上がるようになる。

新たな手法を取り入れてから3年連続売上15%増などの事例が生まれ、理念浸透と業績との連動に成功。4年間トップの成績をおさめ代表取締役社長へ就任。

その後、理念浸透に特化した株式会社コンサルティングZEROを設立。
幸福学・心理学の研究を重ね、さらに共感アプローチに磨きをかけている。

◆取得資格
・フロー理論
・レジリエンス
・アンガーマネジメントファシリテーター

◆所属
・NPO法人日本サーバント・リーダーシップ協会 会員
・一般社団法人 100年経営研究機構 会員
・人を大切にする経営学会 会員
・一般社団法人日本アンガーマネジメント協会 会員